FC2ブログ

ドキドキ・ワクワクしたいから。 【後編】

 
長良川本流 イブニングにて。   イワナ 38cm
RIMG9583.jpg

5/26 (土)~5/27 (日)   長良川水系・本流-支流 / 九頭竜川水系・本流-支流


イブニング

35cm以上のイワナを狙った支流での釣りは、思ったより良い結果が出たので
長良川本流へ戻り、イブニングの時間帯に出てくる35cm以上のイワナを狙いたいと思います。


本流域などの水量が多い川では、魚自体も大型化しやすく大物を狙うには適した流域ではあるものの
フライフィッシングで尚且つドライフライという分野においては、狙えるチャンスというのは多くありません。

多くはありませんが、水面の餌が流れる時間帯に限っては大型の魚も水面を意識している事があります。

この時期、ちょうど夕方から大型の水生昆虫が流れる区間もあるので
大場所で浮いてくるのを狙い撃ちしてみました。


気温も高く条件的には良さそうに思えますが、どうも水生昆虫の数が多くありません。 

普通サイズぐらいの魚は出てきているかもしれませんが、下手に普通サイズを釣ってしまうと
大きいのが出てこなくなるので、メインのポイントは手を付けず時間を待ちます。

流芯は小さなアマゴがライズしているようで、岩盤沿いでもイワナらしきライズが見えます。

相変わらず、大型の水生昆虫は少ないですがライズが見えるようになってきたので
メインのポイントに影響が無いポイントから釣りを始めます。


大型のサイズ帯は入っていないようで、反応は良くありません。 

順番にレーンを流していき、最後に取っておいたメインのポイントでやっと良いサイズと思われる
サイズ帯の魚が掛かりました。

正確なサイズは分かりませんがたぶん尺ぐらいはあるでしょう。

足場の悪い所で掛けたので、少し下流に移動し
石にティペットが擦れないようにだけ気をつけ、石の周りを1周泳がせます。

一旦は、ランディングネットで掬えるかな?ぐらいまで近づいたのですが
まだ突っ込むだけの体力があったので、更に石の周りを1周。 

今度は、きちんと浮いたのでランディングネットに収まりました。


ドライフライで釣るサイズとしては申し分ない38cmのイワナです。 

やはり、水量の多い川は大きいサイズ帯の魚が割合多いような気がします。

支流に比べると数こそ釣れないものの一発大物という点においては
夢があるかもしれません。



翌日、広い川へ行ってみた。
RIMG9588.jpg


アマゴ・ヤマメを釣ろう。

土曜日は、35cm以上のイワナを狙ったので
日曜日は、30cm以上のアマゴ・ヤマメを狙ってみました。

基本的には、イワナを狙った時と同じく
1.魚の居る所に行く。
2.魚が釣れる時間帯に行く。
3.魚を釣る事が出来る事。

なのですが、5月に尺以上のアマゴ・ヤマメとなると狙える場所と時間帯は限られます。

可能性として一番高いと思われるのは、夕方の時間帯に本流で釣りをする事なのですが
昼間が暇になってしまうので、久しぶりに九頭竜川方面に向かい
その支流と本流でヤマメを狙う事にしました。 


イワナは、昼からの方が釣れる気がしますが
アマゴ・ヤマメは、朝からでも釣れる気がするんですよね。

九頭竜川支流へ、午前11時頃到着。

昼よりは、朝の方が釣れる気がするのに早起き出来ません。 


こんな晴天の真昼間に水生昆虫の羽化もなく、陸生昆虫もまだ多くないこの時期に
初めて行く川でヤマメを釣ろうなんて、なかなか厳しい条件です。
(せっかくなので、昼間は釣りをしたことがない川・区間に入りました。)

あまり釣れる気はしませんでしたが、釣りを始めてみると1つ目の大場所であっさり魚が釣れました。

日本海側に流れる川なので、ヤマメが釣れると思いきや
放流の影響なのか釣れたのはアマゴっぽいです。



アマゴだよね?
RIMG9591.jpg


続きまして、広い川です。
RIMG9614.jpg


やってみると、意外と釣れる事も。

その後も数は多くないもののアマゴ・ヤマメが時々出てきて、この条件でも釣りになるんだなーという印象。

成魚放流らしきヤマメも釣れたので、放流地点の近くなのかもしれません。

もしかすると成魚放流が大きくなったアマゴ・ヤマメが釣れるかもしれませんが
他のポイントも見に行きたいので、移動する事にしました。


九頭竜川本流へ移動。 

さすがに水量も多く、ドライフライの釣り上がりをするなら
このぐらいの規模ぐらいまでにしておくのが良いでしょう。

ポイントからポイントへの移動距離が遠くなります。


やはり昼間という時間帯を考えると、そう簡単には釣れるとは思えませんが
たまたま、写真のポイントで1回だけライズらしき波紋を視野の片隅で見たような・・・

魚影は確認出来ず、その辺りのレーンを流してみると綺麗なライズフォームでフライを食べました。


昼間にこれといった水生昆虫の羽化もなくプールでライズしているヤマメと言うと
小さい餌を食べているイメージですが、たぶんそのイメージ通り小さい餌を食べていると思います。

小さい餌しか流れていないから、小さい餌を食べているだけであって
大きい餌が流れてきた場合、意外と食べるんじゃないかと思っています。

そんな感じで、10番のカディスを食べてくれたのでしょうか。

ちょっとは、本流らしいヤマメが釣れました。 



5月に尺はなかなか難しいですね。   ヤマメ 27cm
RIMG9617.jpg


魚種ごとに釣れる条件が違う。

緩い流れにウグイらしき群れが見えます。

この時期になるとウグイだらけになり、アマゴ・ヤマメを釣るのが難しくなる。 みたいな事を聞きますが
1匹だけウグイを釣りましたが、ほかは全てヤマメでした。

イワナも居るはずなのにまったく釣れません。


そういえば、真夏の日中にアマゴ・ヤマメ・イワナの混生区間で釣りをすると
釣れるのは、アマゴ・ヤマメばかりになります。

日によってアマゴが多かったり、ヤマメが多かったりするような気もしますが
それは偏りが出ていると言えるほど数を釣っていないので、気のせいかもしれません。

それでも季節や時間帯、釣るポイントによって釣れる魚種が違うのは明らかで
条件によって釣れる魚がどう違うという事を知っていると、同じ川でもこの時期はイワナ狙い。
この時期は、アマゴ狙いと釣り分ける事が出来ます。


少し話がそれてしまいましたが、九頭竜川本流の話に戻ります。

この時期の昼間にドライフライで釣り上がると、メインで釣れるのはヤマメになり
イワナは釣り難いようです。

さすがに水量が多い川だけあって、5月としてはアベレージも良く
尺ヤマメの可能性も十分ありそうですでした。
(実際、釣れたのは27cm止まり。)

夕方は水生昆虫が飛べば、大型のイワナも期待できて
40cm近いサイズのイワナを昔、別の区間で釣った記憶があります。

久しぶりに九頭竜川まで来ましたが、きちんと時間と場所を考えれば
イワナの35cm以上、アマゴ・ヤマメの30cm以上を同時に狙える川で
ちょっと遠いですが、大型を狙うには良い川だと思います。



アマゴは釣れず、ヤマメばかりでした。
RIMG9637.jpg


ヤマメの好きそうな、良い流れ。
RIMG9638.jpg


2日目のイブニング

夕方は、どこで釣りをしようかどうしようか悩み中。 

日曜日に九頭竜川でイブニングをしていると、家に帰るのが遅くなります。

でも、イブニングの時間帯なら大型のサイズ帯が期待出来る季節でもあり
とても悩みます・・・


悩んだ結果、帰り道の途中にある長良川本流で釣りをする事にしました。

やっぱり、楽なのが一番です。 


そんな訳で、長良川本流。

家に近い下流の方で釣りをする事にしたので、すでにイブニングの最盛期は過ぎ
夕方になってもライズは見えず、飛んでいる水生昆虫も少ないです。

プールでのライズ待ちは、難しそうだったので
瀬をメインにカディスをフラッタリングさせてアマゴの気を惹きます。

瀬の終わりがけにある水深に変化が出たポイントを流すと
フライの動きに反応してアマゴらしき魚がポーンと水面を飛び出しました。 

掛からず。

フライを触った感触はなかったので、もう一度流すと同じ魚でしょうか?
またしてもポーンと水面を飛び出しました。

掛かりました。


余分なラインをリールに巻き、そのままグルグル魚を寄せていき
岸際1mぐらいの所まですんなり寄ってきました。

岸際まで寄ってきた事によって、急に危機感が出たのか暴れだしジャーンプ

外れました。

リアクションバイトで掛けたようなものなので、掛かりが浅かったかもしれません。

サイズ的には、尺ぐらいな感じだったので残念です。


その後、普通サイズのアマゴを1匹釣りイブニング終了。

2日目、30cm以上のアマゴ・ヤマメは目標達成できず27cm止まり。

もしかすると、夕方バラした魚が尺ぐらいのアマゴだったかもしれないので
釣れる可能性はあったのではないかと。

全て釣って2日間を終えるより、最後に課題が残る形で終わった事で少しやる気が出たので
ドキドキ・ワクワクという意味では、良い終わり方が出来たと思います。 




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


6月の定期釣行会は、6/23 (土) 6/24 (日) 長良川水系・郡上漁業管内の川を予定しています。
尺アマゴもそろそろ視野に入ってくる時期なので、本流のアマゴ狙いでも良いですし
支流のイワナ狙いでも良いかなと思います。

詳細は、春夏秋渓 フライフィッシング・サポートにてご確認よろしくお願いします。


釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR