FC2ブログ

今週も新規区間で、良いイワナが釣れました。

 
6/9に長良川本流のイブニングで釣ったイワナ忘れてた・・・   イワナ 36cm
RIMG9828.jpg

6/16 (土)   長良川水系・支流


先週更新分の書き忘れ。

今週分の記事を書こうとして、あれ・・・? この写真なんだっけ? と偶然気づいてしまった1枚の写真。

そういえば、6/9は長良川本流で夕方釣りをして36cmのイワナを釣ったような気がします。

「35cm以上のイワナなんて、たまにしか釣れません。」 とか書いておいて
そのたまにしか釣れない魚の事を忘れていました。 


たしか、この日はそれほど水生昆虫も飛ばずライズもなかったので
ウェットフライでも流してみようとコンクリートのエグレを流して釣ったのでした。

今までウェットフライで釣りをする事はほとんどなかったので
ウェットフライで釣った初の尺イワナなのに忘れてしまうとは・・・

一応、記録までにブログに残しておこうと思います。



石に白い線が結構出てる。
RIMG9953.jpg


黄色っぽいイワナ。   イワナ 33cm
RIMG9904.jpg


今週分の記事はここから。 

今週も新規開拓で新しい所へ行ってきました。

梅雨に入ったというのに雨はほとんど降らず、昨年同様に渇水の入梅です。

まぁ、晴天の渇水の方が川を歩くのには楽なので
初めて入る区間という事を考えれば安全かもしれません。


今回も入れそうな所から適当に入渓。

入渓地点からしばらくは、倒木が多く難しいポイントが多めで
大場所もあり良いポイントもあるのですが、なかなか良いサイズ帯が釣れません。 

途中、尺ぐらいありそうな重みのあるイワナも掛かりましたがバレてしまい
サイズは確認できませんでしたが、良いサイズも居るようです。


しばらく釣り上がり昼の1時ごろ。

水深はそれ程深くありませんが、水面の面積が広く緩い溜まりになったポイントで
33cmのイワナを釣りました。 

やはりドライフライの釣りで良いサイズのイワナを釣ろうと思うと
水面の面積と流速が大きく関係しているような気がします。



浅くて広いポイントは、ドライフライ向きのポイント。
RIMG9926.jpg


くっきり写真が撮れた気がする。   イワナ 33cm
RIMG9971.jpg


初めて入る区間は、脱渓地点が見つからない可能性も考えて入りましょう。

区間の中盤辺りは、倒木も少なくなり比較的釣り易いポイントが多く
写真の様なポイントでは、複数のイワナが泳いでいる姿も確認できて
アベレージサイズならとても釣り易い区間でした。

区間の後半辺りになると水深のある大場所が増え、尺前後のサイズ帯が釣れるものの
各ポイントで1匹釣れれば良い方で、魚の数自体は中盤の方が多そうです。


前半~中盤~後半と渓相に変化があり、初めて入る区間という事で
次はどういったポイントがあるのだろう。 とワクワクする反面
釣り上がれない所があったら川通しで戻りか・・・と心配になってくる午後4時ごろ 

山の地形を見る限り、そろそろ脱渓地点に近づいていると思うのですが
引き返して入渓地点まで戻るか、そのまま釣り上がるか・・・

ここで引き返すと後日また同じ区間に入り、調査し直さなければならなくなるので
もう少し急ぎ目で釣り上がり、出れそうな気配がなければ入渓地点まで戻る事にしました。


4時半ごろ。

見覚えのある渓相までやってきました。 

思った以上に長い区間で、1日コースとなりますが川通しで釣り上がる事が出来て
尺以上のイワナも釣れる事が分かったので、今回の調査も上々の成果です。 

後は、脱渓地点近くにある大場所だけ釣りをして道に出るだけなので
少し時間は遅くなりましたが、気分的にだいぶ楽になりました。



化学繊維たっぷりのカディスで釣れます。
RIMG9952.jpg


このイワナ前に釣った事あるような・・・   イワナ 34cm
RIMG9985.jpg


もしかして・・・

最後の大場所へやってきました。

このポイントは、前回34cmのイワナを釣っているので
尺以上のサイズが居るのは分かっています。

前回に比べて水量も減っているので、ただでさえ浅いポイントが更に浅くなっていますが
大場所に隣接した水面の餌を食べるには適したポイントなので
遠目からキャストし、水面のフライが消えるのを待ちます。


水面が波立ちフライが消えました。 

やはり浅くなってもこのポイントには、水面の餌を食べに良いサイズのイワナが出てくるようで
34cmのイワナが釣れました。 

このポイントで34cm?

たしか、前回釣ったイワナも34cm。

もしかすると前にも釣った事のあるイワナかもしれません。


リリースすれば100%生き残るという訳ではありませんが
9割ぐらいは生き残るそうなので、またこのイワナをリリースしておけば
私以外の誰かがまた釣るかもしれません。

もしかすると誰かがリリースしたこのイワナを私が釣っているという可能性もありますし
存在しない魚は釣る事が出来ないので、居てくれた事に感謝です。



すごくマッチョなイワナ   イワナ 35cm
RIMG10004.jpg


ワクワク・ドキドキする事がありました。

34cmのイワナを釣ったポイントに隣接した水深のある大場所。

普段は、こっちの大場所に居て餌を食べに場所を移動すると思うのですが
川に沈んだ倒木の前でライズしたような感じがあり、なんとなく魚らしき影が見えます。

はっきりと魚影が見えていた訳ではないので、特に気にする事なく普通にフライを流し
フライが消えたのでアワセを入れてみたら、あらびっくり 

5番ロッドを曲げる強い引き。

すぐ近くには倒木が沈んでいて、木の幹以外にも枝が出ているので巻かれたらアウトです。


1回、細い枝にティペットが触ったような感じもあり
割とこっちも必死に枝をかわしつつ、広い場所に誘導しますが思った以上によく引きます。

たまにこういう事が起きるから釣りは楽しいですね。 

このイワナには、小さい撮影用ランディングネットではなく
たまにしか使わない大きい方のランディングネットを使うべきでしょう。

最後までよく引いてくれましたが、なんとかキャッチする事が出来まして
大変コンディションの良い35cmのイワナでした。 


正直、35cmにしてはかなり引きの強いイワナで
低番手のロッドを使っていたら、倒木の中に入られて釣る事が出来なかったかもしれません。

倒木などの障害物や地形的条件が重ならなければ、低番手でも時間の問題だけで釣れるのですが
そういったポイントばかりではないので、渓流では最低3番ロッド以上をお勧めしています。
(5番ロッドは、ちょっと大げさかもしれませんが道具負けはしません。)


この日釣った尺以上のサイズは合計5匹。

最後に釣った35cmのイワナは、満足出来るだけのイワナだったので
長良川本流でイブニングの釣りはせず、帰る事にしました。 




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


7月の定期釣行会は、いつにしようか考え中。
決まりましたら、ブログにて告知させていただきます。

詳細は、春夏秋渓 フライフィッシング・サポートにてご確認よろしくお願いします。


釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR