結果発表~

このぐらいの瀬でもアベレージサイズ以上のが釣れます。
RIMG1157.jpg
久しぶりにイワナも釣れました。
RIMG1158.jpg


 今週中に尺アマゴか尺ヤマメが釣れると思ってたんですが、釣れませんでした

 もう、人多すぎです…。 例年の3倍ぐらい人来てるんじゃないでしょうか。止める所ないよー
平日に人が入ってない状態なら、高確率で尺が出てくると思ってたので”今週中に尺が~”って思ったのですが
日曜日よりも人が多いという大きな誤算があり、3時間ほど時間を空けて入る事にしました。

 先行者が居るのは、どうする事もできないので ”日曜日に考えた事が、どの程度通用するのか”について
人の後という事も踏まえ、検証することにしました。


 検証.大型の魚は、大場所に隣接した瀬で昼間エサを食べているんじゃないか?
「大型の魚=大場所に居る」これは当たってる気がしますが、「居る=釣れる」じゃないと思います。

 大場所に居たとしても、大半の時間は底の方でジっとしてますし
エサを食べるなら、もっと良い場所に入る気がします。

 例えば ”大場所に隣接した瀬” 大場所の淵の前後に瀬があれば、エサを食べる時に移動して
そちらでエサを捕る方が、エサを食べるには都合が良いはずです。

 この時期一番エサが流れてくる条件は晴天の昼間
水生昆虫の羽化が期待できないので、晴天の昼間に活動する昆虫類が主食になると考え
”晴天の昼間”+”大場所に隣接した瀬”+”釣り人のプレッシャーがない状態”=尺上が釣れる条件。

 実際、8月に釣った尺ヤマメは晴天の12時半~2時半の間に釣っています。
もし、本当に釣り人のプレッシャーがない状況なら大場所でも釣れるかもしれませんが
この人の多さじゃ、大場所で浮いてる事はないです

 今回の釣行では、すでに釣り人が入った後の2番手で釣りをしましたが
分かりやすい大場所は、釣り人のプレッシャーが高く魚が出てくる確率が低かったですが
前後にある瀬では、人の後でも25cm前後のサイズはポツポツ釣れました。

 これは、そもそも瀬に入っている魚はやる気があるので
大場所に居る魚よりもエサを食べに戻ってくる間隔が短いのと、大場所ばかりに目が行き
膝ほどの水深しか瀬は、釣り人がスルーしてしまってる可能性もあります。


 1度だけ尺ぐらいのを掛けましたが、残念ながらネットで掬う時にバレてしまい
泳いで行ってしまいました <またねー

 ポイントは、大場所の流れ出しにある石の前でした。
水深は、膝上の渡れるぐらいの所でしたが大場所からエサを食べに出てくるには
良い場所だと思います。

 週末は台風が来るので、その後1週間程で荘川が禁漁に入ってしまいます。
きっと、禁漁間際になって更に人が増えるんだろうな・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR