釣り易い魚 と 釣り難い魚

去年行った時よりも、少し水が少なかった。
RIMG1292.jpg
30cm前後がアベレージサイズでした。
RIMG1290.jpg


11/4
 管理釣り場の天川へ行ってきました。
午前10時半に着いて本日9番目のお客さん
 川の管理釣り場で、水もきれい 魚も沢山居て日釣り券3000円と好条件にも関わらず
釣り人が少ないのは立地条件によるものなのだろうか。 (釣り人少ない方が個人的には嬉しいけどね

 とりあえず、管理釣り場でお金を払っているので魚を釣ろう
予定としては、沈めて20~30匹釣って飽きてきたらドライフライに変更。


 今回は4人で釣りに来ているので、4人いっしょに釣り上がる事にしました。
川原に下りると濡れた足跡発見 人の後みたいですが見える距離に居ないので問題なし

 沈めてるだけあって、人のすぐ後でも問題なく釣れる。
まったく同じポイントで2~3匹釣れるぐらいに

 川の管理釣り場なので、釣り上がるのですが他の釣り人を見ていると
大場所(魚が沢山見えるプール等)で粘っている事が多いです。

 渋い魚を釣りたいなら一箇所で粘って釣りをするのも良いですが
魚が釣りたいなら”釣り易い魚”を釣っていくのが一番だと思います。


 沢山魚の見えるプールにおいても、釣り易い魚は数匹です。
流れ込みで少し浮いている魚。岩盤沿いに付いている魚。流れ出しの石の前で定位している魚。など
 沢山居る魚の中で、数匹だけそういう良いポイントに付く魚が居ます。
それが釣り易い魚です。  <他のやる気がない魚と一緒にしないでよねっ!

 釣り易い魚の周りにも魚が居ますが、そのポイントを流すと一番最初に釣り易い魚が食べます。
その後、2番目の魚・3番目の魚と釣れるのですが当然釣り難くなってきます。
最終的には、プールの緩い所で動かないジーっとした釣り難いが残るのです。
  <釣り難い魚を釣りたい人は、ここからが本番だね!

 ”釣り易い魚” と ”釣り難い魚” 見分けが付かないうちは、沢山居る魚のどの魚が食べたのか
どこに居る魚が食べたのか、よく魚の動きを見てください
 そのうち見分けが付くようになると思います。


 その後20~30匹釣って、ドライフライに替えて釣りましたが釣れる数は沈めた時の6分の1程度。
”沈めて釣れる魚”よりも”浮かべて釣れる魚”の方が条件厳しいので仕方がないよね
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR