何も知らない人がウェットの釣りを考える

イメージ図
イメージ1


 渓流がオフシーズンになり員○川へ行って釣りをすることが多くなりました。
真面目に釣りをしに行くというよりは、オフシーズンの「おまけ」で管理釣り場へ行くのと同じ感覚です。

 ですので、魚が釣りたければルアー投げるのが一番楽ですし
フライをやるならドライフライで遊ぶ事が多いです。


 フライを沈めて釣るのは好きではないのですが、先日ウェットフライの真似事をしてみて
思ったことを2つほど。

①水深1m以内の瀬を釣るなら、ドロッパーをドライフライにした方が釣り易いんじゃないか?
②ドロッパーも沈めるなら、リーダー短めにしてリーダーも沈めたい。


 まず、①の方から。
ドロッパーをドライフライにして良いと思う理由は、フライの流れ方(位置・速度)を確認しやすい事と
リードフライが自然に流れやすいのでニンフを付けると相性が良いように思う。

 やってる事は、ルースニングと同じなのですがマーカーを付けるのに比べて
ドライフライの方が融通が利く(別に沈んでも構わない)のが良い所。

 水深1m以内で流れのある場所では、現段階で自分が一番釣り易い方法です。


 そして②番。
ドロッパーがドライフライならリーダーを沈める必要もなく、普段ドライフライをしているような
システムで釣りをすれば良い。

 だけどドロッパーが沈んでいる場合、当然ドロッパーを結んでいるティペットも沈むので
リーダーが浮いていると、角度が付いてしまう。

 角度が付いているとアタリが分かり難いので、なだらかに沈ませたい。
あと、沈んでいるリーダー部分が長いと水中の沸くながれでモニャモニャするので
ドライフライに比べると短くしたいと感じた。


 ①番は、目で見てアタリを取る事が多く 距離があれば通常のウェットの様な取り方。
 ②番は、目では見えないので、違和感で合わせるか明確なアタリ待ち。

 ウェットの釣りをよく知らないので、間違っている事も多いと思います。
これは、現段階でも感想のようなものとして聞き流してください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR