自分が理想とするキャスティング

自分のキャスティングイメージ図
イメージ2


 フライのキャスティングは、上手な人でもキャスティング理論は人それぞれです。

 芝生の上で遠くへキャスティングするのと、渓流でピンポイントにフライを届けるのとでは
そもそもの条件が違うので、キャスティングも変わってくると思います。


 自分のキャスティングイメージ図を描いてみました。 (オーバーヘッドでのキャスティング限定)
一番大きな絵のオレンジラインは、釣りのキャスティング。
赤いラインは、芝生の上でのキャスティングイメージです。


◇釣りのキャスティング
・渓流では10m以内を釣る事が多いので、斜め下にキャスティング。
 理由:水面より高い位置でターンオーバーすると、フライの着水位置が誤差でる為
    水面の少し上でターンオーバーさせたい。

・バックキャストは、上気味にする。
 理由:フォワードが斜め下へ投げたいので、バックキャストは斜め上が良い。
    バックが低い状態で、フォワードも低くキャスティングすると自分にぶつかるし
    精度が出ない&草に引っ掛ける。


◇芝生のキャスティング
・芝生の上では、20m以上飛ばす事が多いので、斜め上にキャスティング。
 理由:斜め下へ向かってキャスティングすると、ラインが伸びきる前に地面にスライディングする。

・バックキャストからフォワードに移る時は、斜め下からフォワードへ持っていく。
 理由:フォワードが斜め上向きなので、一番力が掛かり易い斜め下にする。
    草に引っ掛ける事がないので下げても問題なし。



 同じ人物のキャスティングを見ても、釣りと芝生では違ってきます。
違ってくる理由は、目的が違うから。

 目的が違うのだから、手段が違ってくるのは当然だと思います。
なんでも出来るに越したことはないけど、自分が出来るようになりたいキャスティングは2つ。

◇釣りのキャスティング
フライの着水位置精度&ラインの置く位置のコントロール&フライとラインの着水タイミングのコントロール。

◇芝生のキャスティング
ループ形状の安定&ラインがロッドの上を通るようにする&フルライン出た時にリールが逆転する。


 どちらかと言うと、釣りのキャスティングをどうにかしたい
実際に川で釣りをすると、同じ場所でも水量によって流れが違います。

 どんな状況でも思い通りにフライを流せるキャスティングが、自分の目標とする釣りのキャスティングです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR