今よりもっと大きな規模で、状況を見れるように。

 
浮力が高く、見易いパラシュートで実験。
RIMG7981.jpg

8/5 (土)   長良川水系・M川


良い日もあれば、悪い日もある。

前回に引き続きM川の調査とフライパターンの違いについて実験をしてきました。

まず、フライパターンの違いを調べる為に浮力・視認性をUPさせた芋虫パラシュートと
いつものカディスのボディ素材とハックルの色を変更した芋虫カディスを作成。

M川は、まだ釣りをしていない新区間を目指しつつ そろそろ尺以上のイワナが釣りたいところです。


とりあえず、芋虫パラシュートを結び釣り上がって行ったのですが
イワナの気配が少ない・・・

イワナが釣れる釣れないの前に目視出来る魚影が少なく、25cmぐらいあったアベレージが
20cmぐらいになっていて今回は悪条件のようです。 

それでも居ないわけではないので、時々食べに来てくれるイワナを観察してみると
なかなか芋虫パラシュートが口の中に入らないイワナがちらほら。

しっぽのように伸ばした発泡材が邪魔をしているのか、ハックルを多く巻きすぎたのか
浮力が上がって使い易くなった分、フッキング率は下がったように感じました。

もちろん掛かる時は掛かりますし、釣れないわけではないのでダメではないのですが
1回で食べきれず2回・3回とパクパクフライを食べようとしている姿を見てしまうと
もう少し食べ易いようにした方が良さそうです。

魚影も少なく検証し難いので、いつものカディスに戻して少し様子見をする事にしました。



川底にイワナの姿が。
RIMG7984.jpg


安定の釣果より新しい事を。

フライをいつものカディスに戻したところで、状況は変わる事なくイワナの気配は少ないまま。

川底に動かないイワナの姿が見え、そういえば昨年も同じような状況の中
この場所で同じく川底でじっとしているイワナを見かけた気がする。

ここまで25cm以上のサイズ帯は1匹も見ておらず、魚を釣るなら別の川という選択肢もあるが
調査が目的なので、このまま目的地まで釣りをする事にした。


目的地までの区間を分けるとすれば3区間になる。

昨年に新規開拓した第一区間。 今年見つけた新ルート~大場所までの第二区間。
今回目的地とする第二区間の大場所~行き止まりの大場所までの第三区間。

第三区間の中間ぐらいまでは一度行っているので、第三区間最終の大場所まで
行けたら行きたいと思っている。



いつものサイズ帯が混じり始めました。
RIMG7998.jpg


夕方に向けて活性が上がってきたようです。

第二区間に入り、やっといつものサイズ帯が交じり始めるも魚影は悪いまま。 

魚が居るのは前回確認しているので、今回は釣れなくても問題ないのですが
個々の魚が気分によってエサを食べに出てきたり、出てこなかったりするのではなく
条件によってその川に棲んでいる魚全体が同じような行動を取るのが面白いですね。


第二区間最終の大場所にて、いつもの尺足らずを釣り
フライをいつものカディスから芋虫カディスに替えて第三区間へ向かいます。

第三区間も最初は魚影が薄かったのですが、3時頃から徐々にイワナの気配が出始めました。 

23cmアベレージになり、時々27cmぐらいのが混じりちらほらと魚影も見えます。

芋虫カディスもいつも使っているカディスと遜色が無い(違いが分からない)ぐらい釣れるようで
第三区間は、このまま芋虫カディスで良さそうです。


第三区間の後半。

ここからは初めて釣りをする区間になりますが、渓相はなかなか良い感じです。 

だいぶ上流まで来たので、水量は少なくなっていますが深いポイントもあり
条件さえ良ければサイズも期待できそうです。

今回で3回目となるM川調査。
3回の調査の中で一番の渇水という事で、良い条件とは言えませんが
良いポイントには良い魚が居るはず。 最後の大場所が楽しみです。



上流部もボサボサにならず、水深のあるポイントが点在します。
RIMG8036.jpg


芋虫カディスで釣れました。   イワナ 33cm
RIMG8015.jpg


長かった尺イワナまでの道のり

最後の大場所まで、あとどのぐらい掛かるのか。
帰りの事を考えるとあまり時間を掛けて釣りをする訳にもいかないので
少々もったいないですが、良いところだけを流して先を急ぎます。


流れがほとんど無いプールのような大場所は、距離を取って釣りをしていたので
魚影は見えていませんでしたが掛けた感触的にちょっと良いサイズのようなそうでないような・・・

ポイントまで近づきイワナを寄せてみると、尺はありそうな雰囲気が。

ただフライの掛かり位置があまり良くないようなので、泳がせて確実にキャッチ。

フライが掛かっている位置を確認すると、イワナの鼻先方向へフッキングしていたので
おそらく奥から手前方向に向かってフライを食べたのではないかと思います。

パッと見、尺はありそうでしたが測ってみると33cm。
調査に来ること3回。 ようやく尺を超えました。 



魚が沸く時もある。

本当に時間がなくなってきたので、釣りは程々に先を急ぐのですが
そういう時に限って魚は出てきているものです。

時間的に魚が出てきているのもありますが、前半の悪条件がウソのように
イワナの姿が見えます。

特に最後の大場所と1個手前のポイントでは、イワナが並んでいて
釣ってからそのポイントを見ると、まだ他のイワナが泳いで居ます。 


時間さえあれば順番に釣って行きたい所ですが、帰りの時間を考えると見過ごすしかありません。

仕方がなくポイントを横切ると尺ぐらいのサイズも足元の石の下に逃げ込んできたりと
サイズも良さそうです。

最後の大場所は、ドライフライで釣るには水深も手ごろで予想通り行き止まりになっています。

特に何も無いようなど真ん中でもイワナが釣れ、イワナを釣っていると別の場所でライズしたりと
ワンキャスト・ワンフィッシュとまでは言いませんが、右から左までイワナが居るようです。

きちんと釣れば、このポイントだけで10匹は超えそうですが
4匹目か5匹目に尺ぐらいのが釣れたので、帰る事にしました。


予定していた場所まで来る事が出来たので、これにてM川調査は終了とします。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


8月の定期釣行会は、8/19(土)・8/20(日)を予定しています。


暑い時期なので、日陰の多い所でイワナ釣りにしようかと考えています。

九頭竜川水系・H川を予定。

真夏の日中、渇水でもヒラキにイワナが見える事が多く
渓相的にも釣り易い川です。

アベレージとしては、20cm前後のイワナがメインとなりますが
35cm以上のサイズもドライフライで過去何度も釣っているので
大型のサイズ帯も期待できます。





不思議な川

 
良い顔してるね。 ヤマトっぽいイワナ。
RIMG7927.jpg

7/29 (土)   長良川水系・M川


長良川本流は、満員御礼

増水の引き際で曇り空。
こんな天気の日なら、直射日光もなく日陰の少ない本流で釣りをしても大丈夫かも。

そんな事を皆思うのか釣り場に付いたらすでにウェーダーを干して寝ている人を発見。

時間は、11時過ぎ。
いつも通りの時間に付いたのに釣りを終えて寝ている人が居るとは・・・

車を止めた場所まで釣りをしたのか、車を止めた場所から釣り上がったのか気になるが
この場所から入れば時間差は出来ているので、ここから釣り上がったとしても問題なし。

とりあえず、お昼ご飯を食べてから釣りをしよう。 


ご飯を食べ終え、準備をし先行者さんの車を見るとお目覚めの様子。
せっかくなので挨拶をし、どこに入ったのか聞いてみると・・・

この場所から上流へ入って、連れがまだ釣り上がっているそうで
途中、下ってくる人ともスレ違ったそうな。

つまり、ここから入ると連れの人に追いつく可能性があり
下の区間に入ると下ってきた人に出会う可能性があるという事。

先行者が居るのは問題ないが、さすがに追い付く・スレ違うは避けたい。

時間的にも遠くへは行けないので、近場の長良川水系で空いている所へ入ろう。



私の大好きな水溜りに魚影を発見。
RIMG7956.jpg


仕方がないので、今週も調査です。

時間的に先週よりも上流へは行けませんが、雨が降って少し増水しているので
条件の違いが調査出来そうです。


今回は、先行者の気配もなくヒラキの反応もあり
水位は+2~3cm程度ですが普段より活性が高そうです。

写真の水溜りでイワナを釣り一つ下のポイントで写真を撮ってからもう一度水溜りを見ると
さっき釣ったばかりの場所に別のイワナがすでに泳いでいます。

前回は、そこまで魚影を濃く感じませんでしたが条件的に出てきている数が少なかっただけで
生息数自体もそれなりに居るのかもしれません。

アベレージは相変わらず良く、今回は26~27cmと前回よりやや良くなり
4匹に1匹ぐらい25cm未満が釣れるかな。 といった感じ。

そしていつものように尺有るような無いようなサイズばかり・・・

大きいのが居ないとは思えないので、とても不思議なのですが
測るとギリギリ30cmだったりと尺は超えません。 

大きいの居ると思うんだけどなぁ・・・



普通な感じの模様をしたイワナ
RIMG7947.jpg


尺に近い(ミリ足らず)は、結構釣れるんだけどな・・・
RIMG7961.jpg


同じフライを使っているとスレるのか?

大岩のある大場所まで釣り上がり、このポイントを釣ったら帰ろう。

そう思って大岩の右側で2匹。 左側で2匹。 また右側を見るとライズしたので追加で1匹。
測ると29cmと30cmで尺近いサイズも2匹混じって、アベレージは良いんだけどなぁ・・・

何を食べてライズしていたのか分からないけれど、いつものカディスでしか今回も釣っていないので
フライは選んでいないと思われる。


前回もカディスでしか釣りをしていないので、見覚えがあると感じたイワナも居たかもしれないが
フライを見て怪しんでいる雰囲気を出しUターンして行ったイワナが1匹居たのみで
それ以外は普通に食べてくれた。

この時期の昼間にエサを食べに出てきているなら、エサを選んではいないと思うが
エサを食べに出てこない時期・条件があるのも確かで、その辺が知りたい所である。

フライの種類でどの程度反応が変わるかも暇な時に調べてみよう。






小さい川だけど、尺ヤマメも釣った事がある不思議な川
RIMG7976.jpg

7/30 (日)   荘川水系・名も無き谷


フライの違いについて検証

雨雲の合間を狙って荘川方面へ行ってきました。

天気予報では、雨が降りそうな感じでしたが一時的に霧雨があった程度で
カッパも着ることなく良い天気でした。 


今回は、サイズはともかく魚影の濃い名前が分からない川で
フライの種類が変わるとどうなるかの検証をしてきました。

とりあえず、いつものカディスで釣り、いつも使わないカディスを使い
まず使う事がないフライボックスに眠っていたパラシュートの3つを使ってみました。

いつものカディスはいつも通り釣れ、いつも通り。

試しにいつも使わない変り種カディスも使ってみたところ、特に変わりなく釣れたのですが
3匹程釣ると浮力が落ちてきたのでパラシュートに交換。

パラシュートも特に問題なく釣れたのですが、何匹か釣ってそのまま使っていると沈み始めるので
沈み始めると釣れなくなり、きちんと乾かしてフロータントを付けて浮かべると釣れる感じ。

変なドラッグが掛かっていればどのフライでも食べないし、浮いた状態できちんとフライが流れれば
フライの種類に関係なく食べてくれる感じだったので、流れてきたエサっぽいものは食べるのかなと。

特定のものだけを食べれるほど大量にエサが流れている状況でなければ
フライを選ぶ事は、そうそうないのではないかと思います。



魚は沢山居ました。

写真の規模ぐらいのポイントは、魚影が3~4匹確認できるぐらいに魚が出ていて
アベレージは、18cm~23cmぐらいとやや小さめ。

イワナとヤマメの混生で、上流へ行けば行くほどイワナ率が上がりますが
いままでヤマメを釣った事が無い上流域でもヤマメを釣ることが出来たので
確認できたヤマメの生息域が拡がりました。

ちょっと狭い川なので、キャストし難いですが魚影を見つけ易く
たまに尺ヤマメが釣れたりと川の規模にしては良いサイズが居ます。

キャストし難いので初心者向きの川ではないですが、魚を見に行くだけのつもりで行くなら
魚も沢山見えるので、面白い川だと思います。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


8月の定期釣行会は、8/19(土)・8/20(日)を予定しています。


暑い時期なので、日陰の多い所でイワナ釣りにしようかと考えています。

九頭竜川水系・H川を予定。

真夏の日中、渇水でもヒラキにイワナが見える事が多く
渓相的にも釣り易い川です。

アベレージとしては、20cm前後のイワナがメインとなりますが
35cm以上のサイズもドライフライで過去何度も釣っているので
大型のサイズ帯も期待できます。





知らない川・区間は、分からない事だらけで楽しい。

 
渇水ではあるものの他の支流に比べたら水は多い気がする。
RIMG7904.jpg

7/22 (土)   長良川水系・M川


まだ行った事のない区間を目指して。

昨年から通い始めたM川で、まだ釣りをしていない区間の調査へ行ってきました。


降ってもほとんど増水しない雨ばかりで渇水の長良川水系。

初めて行く渓相の分からない区間の場合、渇水の方が地形も把握し易く
遡上も楽になるので調査をするなら渇水が好条件になります。

魚の活性については、やや増水の方が良い事が多いですが
シーズンや条件を考慮し、他の区間との比較で推測しているので
当日釣れなかったとしても条件を替えれば良さそうと思えば再調査という形で
釣り場の新規開拓をしています。

とりあえず、魚が生息している事が分かれば渓相と釣り人の痕跡から予測が立てれるので
新しい区間に入ったら小さくてもいいので、まずは1匹。

魚の姿を見れれば良いなと思います。



いつもの尺に少し足りないサイズのイワナ。
RIMG7879.jpg


入ったことのある区間から入渓し、比較用に釣りをしながら新しい区間を目指します。

なにやら新しめの足跡があり、いつもヒラキで釣れるM川ですがヒラキの反応がよくありません。

ヒラキの反応はないものの木の枝が張り出した所の下や
対岸の石周りにはイワナの姿を確認できるので、魚の配置的に先行者の可能性もありそうです。

入渓したのが11時過ぎなので、朝一に釣り人が入っている可能性もあるのですが
すでに帰った感じなので問題ないでしょう。


いつもの区間は、ヒラキのポイントがほぼ全滅な事以外はいつも通りで
なぜか尺に少し届かないサイズは毎回釣れるのに尺は越えない不思議。

渓相的にルアーを引っ張っても良いぐらいの大場所もあるので、
尺ぐらいは普通に居るのでしょうが、水面までなかなか出てこないだけなのか
釣り方が間違っているのか相性が悪いのか・・・



コケや草が付いている石が多く、川が安定しているようです。
RIMG7923.jpg


人によっては、パラダイスと言う人も。

新区間に入ってしばらくは魚影が薄かったのですが、徐々にイワナの気配が出てきて
ヒラキでも魚を見かけるようになってきました。

イワナというと、巻きのポイントや石際を狙う事が多いと思います。

しかし、この川のイワナはヒラキの流れに付く傾向が見られ
緩い流れの真ん中でよく釣れます。

この時期に長良川水系でイワナを釣る川というと、段々になった比較的狭い川が多く
上が開けていて流れの中をメインで釣れる川は珍しいです。


まだ砂利に埋もれていないようで、深い場所も多くあり渓相はなかなかの感じ。 

アベレージも25cm近くあり、そのサイズがヒラキの真ん中を流して釣れるのだから
人によってはパラダイスのように思う人も居るでしょう。

魚を釣るだけなら他の川でも良いですが、この区間は渓相も良く
何も考えずドライフライをプカプカと流しながらイワナを釣る事ができるので
のんびりと景色を見ながら釣りをするのに良い場所だと思いました。



写真のポイントで泳いでいたので、釣って模様を確認。
RIMG7899.jpg


開けていて釣り易い。 魚もフレンドリー。
RIMG7903.jpg




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


8月の定期釣行会は、8/19(土)・8/20(日)を予定しています。


暑い時期なので、日陰の多い所でイワナ釣りにしようかと考え中です。

行き先は、まだ未定。




暑さに負け、涼しいイワナの釣り場へ

 
痩せ気味のイワナ   32cm
RIMG7846.jpg

7/15 (土)   長良川水系・I川


思った以上に晴天だったので・・・

定期釣行会の申し込みもなかった事だし、一人で長良川本流でも釣り上がろうかと来てみたら
思った以上に暑く、日陰の少ない本流はもうちょっと涼しくなってからにしよう・・・かな。

すっかり忘れていたけども、この時期の昼間にアマゴ・ヤマメを釣ろうと思うと
暑い中釣りをしないといけないので、比較的涼しく釣りができるイワナの方が魅力的である。


アマゴ・ヤマメの方が、イワナに比べて数・サイズ共に釣り難いというのもあるが
それ以上に釣り場の暑さというのが大きな問題のような気がする。

釣れないのは、釣れるようになれば解決するが
暑いのは、どうがんばったところで暑い。 

とりあえず、昼間は涼しい場所でイワナでも釣って
日が傾く頃、本流へ戻ろう。



丸々と太ったイワナ。 尾びれの付け根が太い。
RIMG7829.jpg


釣れる時間帯に釣れる場所に居る事。

やはりイワナの方が日陰も多く涼しい。 

状況としてはあまり良いとは言えないが、20cm弱のイワナはポツポツ釣れ
それ以上のサイズ帯がほとんど動いていない様子。

日が傾くまでの時間潰しとして考えれば悪くないとは思うものの
とりあえず1匹ぐらいは尺以上のサイズが釣れるだろうと思っていただけに厳しい状況。 


そろそろ戻り始めようかなという地点まで来て、尺あるようなないような・・・29.5cmでいいや。 と
丸々と太った28cmぐらいのイワナが辛うじて釣れた尺近いサイズ帯。

尺以上のサイズが1匹も釣れなかったのは残念だが、仕方がないので来た道を戻っていると
釣り損ねたポイントにイワナが戻ってきている。

どうせ帰り道で歩いたら逃げる所にいるので、ついでに釣りつつ戻っていると
なんだか来た時よりも出てきているサイズ帯が良い・・・?

結果的に尺以上のサイズが帰り道に釣れたのだが、当然そのポイントも行きに釣りをしていて
たぶんではあるが、行きは出ていなかったと思う。

日が傾いてきて魚が入れ替わったのかもしれない。



今、支流でイブニングがあるのかな?

帰りがけに反応が良くなってきたのはあきらかで、夕方に向けて条件が良くなるような兆しはあった。

昼間に目に付くカゲロウは飛んでいなかったのだが、蜘蛛の巣を見ると同じ種類のカゲロウが数匹。

一つの蜘蛛の巣に同じ種類のカゲロウが複数付いているという事は
その種類のカゲロウがそれなりの数出ているということで、昼間に飛んでいるのが見えなければ
夕方に羽化している可能性が高い。

エサを食べる時間になってきたので、良いサイズ帯が出てきたと思うが
先行者が居たとしても釣れる時間帯になればまったく関係ないと言っていいぐらいだと思う。

本流のイブニングはすでになくなっているが、支流でイブニングがちょうどある時期なのかもしれない。



アマゴ・ヤマメを釣りに行きましたが、小さいのが釣れるのみ。
RIMG7861.jpg




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


8月の定期釣行会は、中旬~下旬を予定しています。




色々な川で、色々な釣りを。

 
晴天の開けたポイントで釣ったので、綺麗に写真が撮れました。   イワナ 31cm
RIMG7779.jpg

7/8 (土)   九頭竜川水系・B川・U川


福井県側は、まだ雨の影響でやや増水中。

先週は雨だったので釣りに行かずフライを巻き巻き。
今週末は、増水の引き際で天気も良く好条件な気がするので期待できそうです。 

7月に入り尺アマゴor尺ヤマメでも釣りに行こうかと考えていたのですが
九頭竜川水系のB川へ行く人がいて、乗せてってくれると言うのでそちらへ便乗。

まぁ、アマゴ・ヤマメはまた別の時の釣れば良いし
B川へは2年ぐらい行っていないと思うので、そちらへ行く事にしました。


B川はこないだの雨でまだ増水中。
福井県側は、結構降ったようで今まで来た事がある中では一番の水量です。

予定していた区間には入れず、比較的フラットな渓相の区間に入ってみましたが
居るには居るけど水面までは、なかなか出てこないような雰囲気。

フラットな渓相で増水するとイワナの好きそうな巻きも出来ず、流れが速くなる為
水面のエサを食べるポイントが少なくなってしまいます。

辛うじて26~27cmぐらいのイワナは釣れましたが、釣りになるポイントも少ないので
早々にU川へ移動する事にしました。



遊び用のフライを作ってみました。
RIMG7771.jpg


フライフィッシングの可能性

U川も久しぶりで、昔よく行っていた区間へ行ってみたのですが
7月の真昼間に釣るには、少しばかりシーズンが過ぎているようで
やや増水しているものの水温が高く、川に日陰がほぼ無い為かこちらも水面の反応は悪い様子。

早い年であれば、ゴールデンウィーク頃から釣りに来ていた気がするので
もっと上流の方へ行けば良かったのかもしれないが、近場の方が楽という手抜き思考が・・・


水面の反応がないなら、こないだ巻いたストリーマーや釣り方を替えて実験検証してみようと
水中の釣りをしてみる事にしてみました。

渓流域のストリーマーは、もう少し釣り方を考えないと実用性としては低いですが
ニンフの釣りに関しては、すでにある程度釣れるパターンというのが一般的になっているだけあって
安定性はニンフに分があります。

引っ張ったり、流したり、色々実験をしつつ
とりあえず尺イワナは釣れたので、効果はあったのかなかったのか。

たぶん、ドライフライでは釣れなかったであろうポイントでも反応があったので
効果はそれなりにあったのではないかと思います。

一つの釣り方では全ての魚には対応できないので、複数の釣り方が出来れば釣果も安定するだろうし
釣れる釣れないを抜きにして、釣りそのものを楽しむのも良いのではないかと思う。



川原がほぼなくなって、隅の流れも流速は速め。
RIMG7762.jpg


偏光グラスを忘れまして、改めて必要性を感じました。

水面がピカピカ反射する中、偏光グラス無しで釣りをする事で改めて気づく事が何点か。

眩しくない角度のポイントは、偏光グラスがなくてもフライが見えますし出てくる魚も見えました。
偏光グラスがなくても魚は釣れるのですが、やはり偏光グラスはあった方が良いです。


まず、目の周りを飛んでいる黒い虫が目に入ります。 

100%防げる訳ではありませんが、偏光グラスがあると目に入る確立はかなり下がります。
また目に虫が入るんじゃないかと虫の方に注意が行き、釣りの集中力も極端に下がります。 

あと、ギラギラしている水面をずっと見ていると目に悪いので
これも偏光グラスがあるとかなり緩和され快適に釣りが出来ます。

当然、水中の様子もよく見えるようになるので偏光グラスの有る無しは
それなりに効果があると思われます。





 
尺あるような無いような・・・   迷ったら29.5cm
RIMG7755.jpg

6/24 (土)   長良川水系・M川


いつも28~29cm止まりの川。

そういえば、先週にM川へ行った記事を書けば良かったと今更思い出し
記録用として残したいと思います。


まだ渇水が続いている状況の中、M川は比較的水の減りが少なく安定した水量。

ここのイワナは、ちょっと他の支流とは性格が違うようでヒラキの流れに定位する傾向があるようで
比較的釣りやすくアベレージサイズも良い。

釣ったイワナの半分ぐらいは25cmを超えていて大きいのも居そうな気がするが
いつも28~29cm止まりで、今回も29.5cm止まりだった。 

まだ奥があるので、今度調査に行きたいと思う。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


7月の定期釣行会は、7/15(土)・7/16(日)を予定しています。

そろそろ尺アマゴ・尺ヤマメも出始める時期なので、長良川本流を釣り上がり
尺アマゴを狙いたいと思います。

ある程度の距離をキャストするポイントもあるので、4番か5番ロッドでも良いぐらいです。

あまり確立の高い釣りではないので、数は釣れませんが時々良いアマゴが釣れます。




お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR