敦賀へリベンジ

 
夏のように暑い昼間。
RIMG8443.jpg

10/9 (月)   敦賀


今年は、良くないのかな?

前回、あまり釣れなかったので敦賀へリベンジ。 

条件としては、濁りもほぼなく波も弱いので釣り易く
3連休の最終日でスレているであろう事を除けば、まずまずの条件。

アオリイカがどのぐらい残っているのか気になるところです。


朝一から釣り始め、すごく単発のアオリイカ。 

しかも、小さい

秋イカにサイズは期待していませんが、外海に向かって釣りをしている割には小さく
釣れても1杯だけで連発せず、群れで回っている感じはありません。

エギに寄って来るイカもほぼ見えず、イカさえ見えれば8割ぐらいの確立で釣れたのですが
年々、見えるイカの数も減ってきているように感じます。

各漁港を回り1~3杯釣って移動の繰り返し。

釣り人だけは多いので、入る場所のない漁港も多く小さめのテトラ帯へも探索へ。



2.5号のエギで、拾い釣り。
RIMG8454.jpg


やっぱり、漁港よりもテトラ帯・地磯の方が良いのかな・・・

漁港は、堤防に囲われたような形のものが多く船の出入り口が1~2箇所あるタイプが多い。

その出入り口は、堤防と堤防の間など漁港内に比べると狭くなっていて
漁港の内と外を行き来する時に必ず通る場所であり、アオリイカも例外なく行き来する時は通過する。

そんな漁港の出入り口は人気のポイントで、堤防の先端にはヤエンのアジが何匹も常に泳いでいて
エギもひっきりなしに飛んでいる状況を見ると、漁港の中に入っているイカの数は少なく
仮に居てもスレている可能性が非常に高い。


昔は、今に比べると何倍もイカの数が居たので漁港内を釣り歩いても十分な釣果があったが
最近は、エギを投げても着いて来るイカは本当に少なくなった。 

そんな漁港内よりも外海に面したテトラ帯・地磯の方が回遊が回ってくる可能性も高く
手軽な漁港内でアオリイカを釣るのは、本当に難しくなったと思う。

すれ違ったエギングの人とも何人か話をしたが、全然釣れないとの事

ゴムボートで沖へ出ていた人の話でもアオリイカは釣れない。 と言っていたので
釣り人の多い漁港内だけが釣れないのではなく、全体的に数が減っているのかもしれない。



居るイカが釣れるだけ。

夕方、漁港で回遊待ちをしつつ釣りをしていると
やっと単発ではないアオリイカの群れが入ってきた。 

5投して3杯釣れれば、たぶん群れだろう。

群れだからあっちの方向に投げると釣れるかもしれないよ。 と、一緒に来ていた人と場所を交代し
しばらく見ていると・・・釣れない。

時間的にエサを探して回遊している群れだと思うので、簡単に釣れると思ったのだが
そう簡単でもないらしい。

キャスト後、1回目のシャクリ前にアタリがあるという事も昔は有ったのに
秋イカは、数が釣れるからエギングを始める時期としては良いよ。 なんて
気軽には言い難くなった今日この頃。

結局、十数杯しか釣れずリベンジとは言いがたい結果になってしまった。 




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。
また、来シーズン宜しくお願いします。

釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


想定の上限が上がった年でした。

 
今シーズン、一番印象に残っている魚。
RIMG7133.jpg


おつかれさまでした。

渓流シーズンも終わってしまいましたね~。

最終日の9/30 (土)は、渓流には行かずアオリイカを釣りに行っていたのですが
数杯釣れただけで、まったく良くなかったです。 


今シーズンを振り返ってブログを見てみると、釣り場の新規開拓やらフライの違いによる変化など
色々とやっていた割には、安定した釣果だったようですね。

特にゴールデンウィーク頃に35cmクラスのイワナが何匹も釣れたのと
4月の支流で28cmのアマゴが釣れたりと、早い時期に良いサイズが釣れました。

今までは35cm以上になるサイズは、それなりの大場所でないと育たないかと思っていましたが
中場所程度の場所でもそのサイズは居るんですね。



釣りをしない事で、知る事も。

色々な方と釣りに行く機会も多くなってきましたので、釣りをしないで見ている事も多くなりました。

客観的に釣り人と魚の動きを見ていると、一人で釣りをしていては気づくのは難しような事もあり
それも経験として活きているのではないかと思います。


フライフィッシング以外でもテンカラでドライフライの釣りをするにあたって
どうするのが良いか? みたいな事をやりまして、テンカラについてもいくつか質問したのですが
道具や釣り方の違いによって出来る事と出来ない事があり、メリット・デメリットについても
改めて考える事が出来ました。

ある方向から見ればメリットとなる事でも、別の方向から見ればデメリットになり
デメリットも全ての方向からデメリットとは限らないという事。

どのように使うかが重要なのだと思いました。



新規開拓に向かった川。 渓相がよかったです。
RIMG7923.jpg


オフシーズンの予定

渓流のシーズンは終わってしまいましたが、員弁川のニジマスと海でアオリイカは釣れるので
その2つがメインになると思います。

昨年も言っていましたが、来シーズンの渓流が始まるまでにはアオリイカのキロアップが釣りたいですね。

1杯ぐらいは釣れると思っていたのに、結局釣れず仕舞いになってしまったので
海へ行ける機会があればがんばりたいと思います。


まぁ、あとはフライのストックをある程度は巻き貯めしておきたいのと
消耗品等々の準備はしておきたいです。

余談にはなりますが、消耗品はケチらない方が良いです。 

あまりリーダー・ティペットを替えない私が言うのもアレなのですが
替えていないからこそ言える事がありまして、消耗品の性能は徐々に下がっていくので
新品の状態を100%とするなら、何%まで下がったら替えるのかという事です。

リーダーは私のペースで1ヶ月使った所で、巻き癖が酷くなり劣化するだけで魚は釣れます。

釣れるには釣れますが、新品の時に比べると使い難いです。 


ティペットの強度などは、分かり易く数値として下がり
その強度は、技術で補う事はできません。
(下がった強度を前提としたやり取りは出来ますが、強度そのものは上げれません。)

お金と取り替える手間は掛かりますが、消耗品はケチらない方が
気持ちよく釣りが出来ますよ。 という教訓でした。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。
また、来シーズン宜しくお願いします。

釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


昨年と同じく、最終日は運次第。

 
こんな隠れる所がないような場所にもイワナ
RIMG8406.jpg


9/23 (土)   長良川水系・I川


立ち居地、フライの流し方で大きく差が出る季節。

9月の最終が土曜日という事で、渓流へ行こうと思えば行けるのですが
最終日が晴天とも限らず、私的には9月中旬頃にそれなりの釣果が出れば
その日を渓流最終日でも良いかな。 と思っています。

お誘いがあれば釣りにも行きますが、9月終盤はおまけ程度に考えているので
一緒に来た人が釣れればそれで良いかなと。


先週の台風を挟んで2週間ぶりの釣行となり、もう完全に秋の雰囲気になっていて
色づいた落ち葉が川を流れ、イワナ同士が追いかけっこしている姿も見かけました。

それでもエサを食べに出てきているイワナは、まだまだ居るので
小さいのから尺ぐらいまでのサイズがポツポツと飽きない程度にフライへ出てきてくれるのですが
この時期は春・夏に比べると、どうしてもフッキング率が悪くなってしまいます。 

釣れた魚の掛かっている場所を見ても、浅いものが多く秋は難しいですね。



悪くはないけども・・・

大型が期待出来るポイントにやってきまして、ここでそれなりのサイズを釣ったら帰ろうかと一投。
それなりのサイズがフライに出てきました。 

掛かりが浅い事を心配し暴れないように深場で泳がせつつ、寄せるタイミングを見ます。


大人しくなってきたので、深場から手前の浅場へ流れに乗せつつ寄せてくると・・・
水しぶきも出ない程度の首振りでフライがポロリ。

口からフライも見えていたし、掛かりが浅い事を考慮して泳がせていたのに
最後の最後でフライが外れてしまうとは。

体力を削ってから寄せているので、フライが外れてもすぐに逃げるでもなく
ふらふら~っと 何が起こったのか分からないといった感じでゆっくりと深場に戻って行きます。

左手にネット。 魚までの距離は1.5m程。
がんばったら掬えるような気もしますが、見苦しいので素直に見送ります。 

ちなみに見た感じの推定ですが、32cmぐらいかと。 



上手く写真が撮れませんでした。   尺イワナ
RIMG8391.jpg


最後にバラシで終わるのは、後味が悪いので。

時刻は、3時20分
4時頃には帰り始めようと思っているので、残り40分。

先ほどのイワナが釣れていれば、このまま帰っても良かったのですが
さすがに後味が悪いので、残り40分悪足掻きをする事に。


普段イワナが居つくような場所ではないようなポイントにもイワナが入っている事から
下から上ってきたのかな? と思いつつ尺1匹を含む数匹のイワナを釣り
そろそろ4時になるので、次の大場所を最終ポイントにして帰ろう。

最後のポイントは、20cmぐらいのイワナと29cmのイワナが釣れたものの
大型のサイズ帯は釣れませんでした。 

尺2匹含む9寸以上が6匹にその他30匹程。
あのバラシが無ければ、まぁ悪くはないのですが うーん

仕方がないので帰ります。


が、最後の最後に帰り道にある大場所をもう一回だけ。

時間帯が違うので、別のイワナが出てきているかもしれません。



出てきていました。   イワナ 34cm
RIMG8418.jpg


運も実力の・・・運は、運です。

あまり期待は出来ませんが、帰り道のついでにあの大場所を再度狙って帰ろうかと。

とりあえず一投。

フライは岩陰の方へ流れて行き、見えなくなってしまいました。

見えなくなってしまうとすぐにピックアップしてしまいたくなりますが
流れ出しの最後や石の影で見えなくなる所に魚が付いている事も多く
フライがどのように流れているかが予測できるなら、見えなくてもそのまま流した方が良いです。

1回目の時に流れは見ているので、フライは見えなくなっても何となくイメージで流して行き
食べたか・・・な? でアワセを入れてみると何かしらに掛かったようです。


動く感触があるので、イワナのようです。

食べる所を見ていないのでサイズは分かりませんが、尺ぐらいはあるような・・・

ここでバラシてしまっては、更に後味が悪くなってしまうので慎重に深場で泳がせ
目視出来る所まで浮かせると尺は超えている感じです。

バレると嫌だな~と思いつつ、先ほどと同じく深場から手前の浅場へ流れに乗せつつ寄せてくると・・・

ネットに入りました。 


2度もチャンスがあったのは、運が良かっただけなのですが
最後の最後にまともなサイズを釣って終わる事が出来たので良かったです。

イワナ 34cm でした。 




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。
また、来シーズン宜しくお願いします。






季節による魚の変化が気になる今日この頃。

 
奥の流れがない所にイワナを発見。
RIMG8263.jpg

9/9 (土)   長良川水系・M川


渓流シーズンもそろそろ終わりですね。

今週(16日~18日)は、残念な事に台風が週末を直撃してしまったので釣りに行っていません。 

なので、少し前にはなりますがM川へ行った時の記事を書きたいと思います。


この時期になると特に行きたい川というのもなくなってくるので、どこに行こうかな。 と考えまして
そういえば調査で1回 奥まで行ったきりで、2回目は行ってないM川へ行く事に。

1回は奥まで行っているので、今度はペース配分を考え後半部分を丁寧に釣りがしたいと思います。



M川も秋ですね~

M川も秋の特徴が出てきていて、サイズ帯がバラバラ。

前回までは、20cm未満のイワナは見かける事もほぼなかったのに
10cm程のイワナがフライを突きに着たり、いままで見かけなかったサイズ帯を見かけました。

何ゆえ、秋はサイズがバラバラになるのか色々と考えてみましたが
餌場に対してエサを食べに出てきている良型サイズ帯が少なくなったのではないかと思います。


良型サイズ帯が出てこなくなった理由はいくつか考えられますが
まず、シーズン後半になるとメインの中型~大型サイズが釣られて数そのものが少なくなっている事。

エサをガツガツ食べている感じではないので、中型~大型サイズが居ても
餌場に出てきている時間が短い。

この2つの要因が大きいのではないかと考えます。


その結果、今まで餌場が中型~大型サイズの魚に独占されていたけれど
そのサイズの魚が居なくなったり、出てこなくなった事から小型のサイズ帯が目立つようになったのかなと。

それでも中型~のサイズ帯は時々出てきていて、いつもの尺に届かない9寸台のサイズ帯が
たまに混じる感じでした。



とりあえず、尺は超えましたが大型はなかなか出てこないですね。
RIMG8288_20170919195516446.jpg


居る場所と居ない場所にムラがあるような。

これも何となくなのですが、魚の居る場所と居ない場所があって
居る場所に魚が集まってきているような感じがありました。

完全に居る場所と居ない場所に分かれているというよりは、集まりつつある感じで
小型のイワナが見られた場所というのが、魚の薄い区間で多く見られました。

魚の多く見られた区間は、魚が上り難い段差があるポイント近くになる広いポイント。
そういったポイントには魚が集まっていたような・・・

気のせいかもしれませんけどね。


メインにしていた後半部分。

この区間は、下から上ってきたイワナが集まりつつあるのか魚影は濃く
広いポイントで魚を探していると、5匹・・・6匹とよくよく見ると底の方に居る魚を含めると
そこそこの数が見えるポイントもありました。

まぁ、見えるからといって1匹釣ってしまうと警戒されてしまうので
選べるなら一番釣りたい魚から狙っていくのが良いです。

最後のポイントで尺超えとミリ足らずと25cmぐらいの3匹を釣り
まだ釣れそうでしたがやはり時間が気になるので、帰る事にしました。

日の入りも早くなってきたので、6月のようには釣りが出来ません。



最近、よく使っている黄色カディス
RIMG8245.jpg


よく釣れるフライとは。

夏ぐらいからフライの違いによって、どのぐらい魚の反応が違うのかを見てきましたが
見れば見るほど、フライの種類よりも流れ方に対する反応の方が食べる・食べないに
大きな影響を与えているように感じます。

ただ、川によって主食にしているエサに違いはあるようで
芋虫やカナブンなどの大型陸生昆虫を多く食べている川があったり
生息している場所によって食べ物に偏りはあるようです。

その偏っている川でもカディスやパラシュートといった大型陸生昆虫とは関係ないフライでも
きちんと流れれば食べるし、ドラッグが掛かれば食べなかったりと
試したフライ全てで魚は釣れたものの流れ方次第で食べなかった印象が残っています。


何ゆえフライに対する反応を見ているかと言うと
フライを始めて間もない頃というのは、釣れても数匹。 ボウズの日も珍しくない。 といった事が多く
そこで挫折してしまう人も多いのではないかと思ったからです。
(私もフライを始めた年は、釣れても数匹がほとんどでした。)

もし、絶対的に釣れるフライが存在するとすれば多種多様なフライは存在していないと思うので
そんなものは無いと思いますが、それでも限定的な条件であれば
よく釣れるフライは存在します。

ある程度、フライの性能でカバーできるものは無いかと試行錯誤していますが
見易い・浮力が高いといった使い易さに関する性能が高いフライはあるものの
釣れるフライというのは難しそうです。


釣れるフライであっても、釣り方とセットにして初めて釣れるフライとなるので
やはり技術面というのも必要になってきます。

何か良い方法がないか試行錯誤していますが、なかなかに難しいようです。 




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


今シーズンの定期釣行会は終了しました。

また、来シーズン宜しくお願いします。






フライで狙う尺アマゴ

 
長良川本流の尺アマゴ
RIMG8306.jpg

9/10 (日)   長良川水系・長良川本流


今より今後。 今の後に釣果は付いてくる。

前日の土曜日はイワナを釣りに行き、日曜日はどうしたものか。

条件的にイワナであれば、それなりの釣果が見込める川は予想出来るが
釣れるからといって釣れる所にしか行かなければ、釣果はあっても進歩は期待できない。

あまり確率の高い釣りとは言えないが、増水もしているし大型のアマゴでも動いていないものか
長良川本流へ行く事にした。


川辺までやってきて、まず最初に思ったのが
5番ロッドにしておけば良かった・・・と。 

前日に4番ロッドを使っていて、リーダーも替えたばかりだし5番を使うと
2つラインクリーニングしなければならないので、4番でいいや。 
と手を抜いたのが良くなかった。

思った以上に水の引きが悪く、まだ濁りも少し入っている。

ドライフライを流すポイントが無い訳ではないが、ポイントは少なく
メインの流芯が釣れないのでは、サイズは期待出来ない。

4番ロッドでは、パワー不足になるが員弁川と同じシステムで釣りをしてみるとしよう。



やってて良かった水中の釣り。

ドロッパーに8番のカディス、リードに10番のニンフ。
それを4番ロッドで中距離以上のキャストをするのはかなりシンドイ。 

5番ロッドにしておけば・・・


沈めたら釣れるという訳ではないが、ドライフライで釣れない流れも沈めれば釣れる流れになるので
ポイント数の増加がかなり嬉しい。

ちなみにドライフライで釣れる状況で、このシステムを使うと面倒くさいだけで良い事はあまりない。


とりあえず、どちらのフライに反応が多いか様子を見つつと釣りを初めて早々
一つ目の大場所であっさりと1匹目のアマゴが釣れた。

まぁ、アタリも分かったしアワセもきちんと入ったので釣り方自体は良かったと思うが
もうちょっと試行錯誤してからでもいいかな・・・

まだ時間はあるので、結果までの過程をここから検証していこう。

測ったら尺ありました。 



こっちは、ギリ尺ある・・・ある?   ミリ足らずです。
RIMG8353.jpg


検証。 Dニンフシステム

員弁川と同じシステムでは長すぎるので、D(ドロッパーの略)+ニンフ=Dニンフと仮名称にします。

長良川と員弁川では渓相が違いますし、対象魚もニジマスからアマゴ・時々イワナに替わり
同じ釣り方であっても細部の変更は必要なようです。


渓流ではあまりしない釣り方である為、やってみると改善点が多く見えてきて
良い経験になりました。 

やっぱり、安定して釣れる釣りより確立していない釣りの方が得られる経験値は多いようです。

また、この経験も他の釣り方に良い影響を与えて安定していくかもしれません。


気になったポイントとしては、点で釣るならドロッパーのカディスは自然素材が良く
線で釣るなら化学繊維のカディスの方が使い易かったです。

それからメンディングは、極力しない方が良さそうで
ドロッパーのカディスだけを見ていても取れないアタリがあり改善の余地あり。

現システムでは釣れない深いポイントに対して、それ用のシステムを試してみる。

いくつかの課題が見えてきたので、また検証できるタイミングがあれば検証したいと思います。

あと、5番ロッドの方が絶対に良いです。 



まだ濁りが残っていて深いポイントは、川底が見えない。
RIMG8372.jpg


隣の芝は青く見えるもの。

5時間ほど釣りをして、尺前後のアマゴが2匹と25cmぐらいのアマゴが1匹。
おまけでイワナが3匹釣れ、チビアマゴは釣れてもノーカウント。

フライで長良川本流に入る度に思うが、本当に確立の低い釣りだと思う。

ちなみに釣れたのは、全てリードフライです。


写真の深いポイントでしばらく魚が居ないか見ていると、尺ぐらいのと25cmぐらいのが見えた。

時々、魚影が見えるが居る層は水深2m程度あるだろう。

こんな時、ルアーなら簡単にその層を通せるのにな~と思う。 


大型のサイズ帯を狙うなら、間違いなくフライよりルアーの方が釣り易い。

フライと言えば、ドライフライの釣りが主流であり
大型の魚は、なかなか水面までエサを食べに出てきてくれない。

ルアーで例えると、トップウォーター限定で釣りをしているようなものである。


では、フライを沈めたら釣れるのではないか?

ルアーと同じように魚に似せたストリーマーを引っ張ったとしても
フライラインは太く、流れの影響を受け魚の居る層にフライを届けるのは難しく
アップの立ち居地で魚の居る層までフライを沈めれた場合は、フライラインもその層にある為
かなり不自然に目立ってしまう。

アタリもダイレクトに取れないし、ルアーと同じように釣ろうと思うのであれば
ルアーをした方が良い。

なので、水中の釣りをするにしてもフライの利点を活かしたフライらしい釣り方で
なんとかドライフライの厳しい状況であっても釣りになれば良いなと思う。


休みの日しか釣りに行けない人にとって、条件・天候だけはどうする事もできないが
行く場所・釣り方などは選択肢があるはず。

より多くの選択肢を持つ事で、条件を選ばず安定して釣りが出来るようになるのではないかと
今は考えています。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


9月の定期釣行会は、9/16(土)・9/17(日)です。


九頭竜川水系・H川 I川を予定していて、空いている方に入ろうと思います。
今回行った長良川本流も希望があれば候補地にしています。

9月中旬になるので、今よりも一層秋の雰囲気が出ていると予想されるので
季節を感じられる釣りが出来れば良いなと思います。





お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR